コラム

野球が楽しいと思える環境を作る

各チームによって指導方針が色々あり、それが必然的にチームカラーとなっています。
「勝ちに拘りすぎるチーム」、「監督が怒鳴り散らして選手が萎縮してしまっているチーム」、「固定メンバーしか起用しないチーム」など、チームカラーも様々あります。

何が良いとか悪いとかではなく、それで「チームが勝てていれば良し」という考え方もありますし、「チームとして勝てなくても、選手個々の能力の伸びた」事で、それが後々プラスになったという事もあります。

吉川美南ボーイズの指導の特徴としては後者の方です。

小学生・中学生の習い事は選手自身が楽しいと思える環境」が次のステップに繋げるメンタリティを育み、野球の技術を上達させる為には必要だと考えております。

そして選手には、試合経験を出来るだけ多く積ませる事で真剣勝負の場を与え、その経験を基にチャンスを掴める様、指導していきます。

吉川美南ボーイズは監督はじめ、指導者が楽しみながら指導をしているのが特徴です。
そのため、選手自身もノビノビと楽しく練習を行います。

これが吉川美南ボーイズのチームカラーとなります。

-コラム

Copyright© 吉川美南ボーイズ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.